身体・費用の負担が抑えられる

総入れ歯をお使いの方、ほとんど自分の歯が残っていないという方も、体への負担・費用負担を抑えてインプラント治療を受けることが可能です。

当院は、「マロクリニック東京」と協同で診査〜治療まで進めていきます。マロクリニックは、オールオン4を開発したDr.パウロ・マロが設立した最先端のインプラント治療を行っている世界最大の医療グループの一つです。インプラント専門医の教育機関としての役割も果たしています。
当院では、Dr.パウロ・マロの直接指導を受けた医師が治療に当たるマロクリニック東京と同様の治療が受けられます。

オールオン4とは

オールオン4とは、最小限のインプラントで多くの歯を取り戻せる治療法です。
従来の術式では、片顎全ての歯を取り戻すために多くのインプラントを埋入する必要がありました。また、インプラントの埋入本数が多くなるため、治療による体への負担、費用負担は大きなものでした。
しかし、オールオン4の登場によって、埋入するインプラントが最小限の4本に抑えられ、全ての歯を失った患者様にもインプラントが身近な治療となったのです。

また、オールオン4は、治療当日に固定式の仮歯が入るため、治療した当日に噛めるようになるという点も魅力です。手術当日に多くの歯を取り戻すことができます。

4つのメリット

  • 治療期間・回数を
    大幅に短縮
  • 治療当日に
    歯が入る
  • 従来の治療法より
    費用が安い
  • 身体にかかる
    負担を軽減できる

治療当日に歯が入る

角度をつけてインプラントを埋入することによって安定性が得られ、抜歯が必要な場合も、治療当日に仮歯を装着できます。

治療期間・回数を大幅に短縮

手術当日に仮歯が入り、治療期間・回数ともに軽減できます。また、骨量が不足している症例でも、骨造成などの手術をせずに、インプラントを埋入できる可能性が高いです。

従来の治療法より費用が安い

インプラントの埋入本数が多くなるほど費用が高くなりやすいですが、オールオン4は埋入本数を抑えることができるため、費用を抑えて多くの歯を取り戻せます。

体にかかる負担を軽減できる

埋入するインプラントの本数とともに治療範囲が抑えられ、手術時間や体への負担を軽減できます。術後の腫れや痛みも抑えられます。

サージカルテンプレート使用で無切開手術も可能

サージカルガイドを使用すれば、歯肉を切開することなくインプラントを埋入でき、治療による患者様の負担をさらに軽減できます。
また、それだけでなくシミュレーション通りの正確性の高い治療が可能になります。

オールオン4のデメリット

オールオン4はメリットの多い治療方法ですが、デメリットもあります。オールオン4は、片顎全ての歯を失った人や残っている歯が機能していない人に適した治療です。そのため、機能している歯が残っている場合は適応となりません。
しかし、残っている歯が少ないほど、その歯にかかる負担は大きくなるため、将来的にその歯も失うことになる可能性も否定できません。慎重に診断し、治療方法を選択する必要があります。

オールオン4はこのような患者様におすすめです

オールオン4は仕上がりが自然で、総入れ歯のようにずれたり、外れたりする心配がありません。機能性・審美性ともに回復できます。

当センターのオールオン4治療

当センターでは、経験豊富な日本口腔インプラント学会認定の専門医・専門衛生士・専門技工士による専門チームが、高水準の治療を行っています。
また、より安心・安全な治療を行うため、歯科用CTなどの最新機器をはじめ、最新インプラントシステム、シミュレーションソフトを導入しています。

また、「歯でお悩みの全ての患者様にインプラント治療の恩恵が及んでほしい」「快適で幸せな食生活を取り戻していただきたい」という当センターの理念のもとに、患者様の負担を少しでも軽減するため、3万円の自費治療からご利用いただける低金利のデンタルクレジットをご用意しております。(詳細はこちら)
詳しくは、スタッフまでお気軽にご相談下さい。