顎の骨は増やすことが可能です

インプラントは、歯を支える顎の骨(歯槽骨)が十分になければ結合が得られないため、治療は成功しません。そのため、骨量が足りないことを理由に、インプラント治療を断られてしまう人も少なくないでしょう。
しかし、顎の骨は増やすことが可能です。骨を増やす治療が必要となる難症例は、どこの歯医者でも行っているわけではありませんから、治療を断られてしまう場合もあるのです。

当院では、GBRやサイナスリフト、ソケットリフト、ソケットプリザベーションといった骨量を増やす治療を行い、骨量が不足している患者様にもインプラント治療を受けていただいています。
他院でインプラントを断られてしまった患者様も、ぜひお気軽にご相談ください。

GBR(骨造成)

BGR(Guided Bone Regeneration)法は、「骨誘導再生法」とも呼ばれる方法で、骨が不足している箇所に自家骨や骨補填材を入れ、メンブレンという膜で覆い、その上から歯肉を被せ、骨が再生するのを待ってインプラントを埋入します。
通常、GBRにより骨を再生させてからインプラントを埋入しますが、インプラント埋入と同時に行う場合もあります。

骨補填材とは?

骨補填材とは、骨不足を補うための人工の骨です。近年は、骨の再生を促進する効果を持つ骨補填材も登場しています。

自家骨の方が安全なのではないか、と考える患者様も少なくありませんが、自家骨を使用するには骨を採取する治療が必要となるため、患者様の負担が大きくなるというデメリットがあります。
また、自家骨と骨補填剤の両方を使用する場合もあります。

サイナスリフト(上顎洞挙上術)

上顎奥歯のインプラント治療において、骨が不足している場合に行う術式です。上顎の骨の奥にはサイナスという空洞があるため、上顎の骨は下顎の骨に比べて厚みが少ない特徴があります。
抜歯をすると徐々に骨が痩せていきますが、もともと厚みの少ない上顎は、さらに厚みがなくなってしまうため、そのままではインプラントを埋入できないケースも多いです。

サイナスリフトは、歯槽骨とサイナスの間にあるシュナイダー膜を持ち上げ、骨を増やすスペースを作り、自家骨や骨補填剤を入れて骨を再生させる方法です。歯肉を切開して(横から)骨に穴を開け、骨を増やします。次に紹介するソケットリフトと似ていますが、アプローチの仕方に違いがあります。

ソケットリフト

ソケットリフトは、サイナスリフトと同様、上顎奥歯部分の骨の厚みが足りない場合に行う骨再生の術式です。
インプラントを埋入するための穴を開け、そこから骨材を入れながらシュナイダー膜を持ち上げていきます。サイナスリフトは、骨を増やすスペースを作ってから骨材を入れますが、ソケットリフトは骨材を入れながらスペースを作り、すぐにインプラントを埋入します。

ソケットリフトは、骨を増やす治療とインプラント埋入を同時に行うため、患者さんの負担は少ないというメリットがあります。

サイナスリフトとソケットリフトの違い

  サイナスリフト ソケットリフト
アプローチの仕方 横(頬側)から インプラントを埋入する穴から
適応症 骨が足りない 骨がある程度残っている
メリット 骨を増やせる量が多い インプラント埋入と骨を増やす治療を同時に行える

ソケットプリザベーション

ソケットプリザベーションとは、抜歯により開いた穴から自家骨や骨補填材を入れて膜で覆い、その上から歯肉を被せて骨を再生させる方法です。
抜歯後に骨吸収が大きく進んでしまうと、骨を増やすための大がかりな治療が必要になってしまいますが、ソケットプリザベーションを行うことにより、抜歯によって骨が痩せるのを防ぐことができます。また、抜歯と同時に行うため、患者様の体にかかる負担が軽減できます。