インプラント治療の流れ

インプラントはすぐに治療を開始しません。患者様が抱えているお口の悩みや治療への希望などを聞かせていただき、十分に相談したうえで治療を開始します。また、確実な治療のためには検査も必要となります。
ここでは、インプラントの主な治療の進め方をご紹介していきます。

STEP1初診相談

  • 患者様のお口の悩みや治療への希望を伺います。
  • 簡単な検査(レントゲン撮影・歯周検査等)を行い、診断します。
  • 検査結果をもとに、患者様に適した治療をご提案します。
  • 可能な範囲で必要な治療期間・費用などについてご説明します。

熊本パール総合歯科クリニックでは、 メール無料相談を受付けています。お気軽にご相談ください。

電話でのご相談・お問い合わせ

  • 健軍院 0120-177-461
  • 宇土院 0120-461-003

STEP2インプラント検査

より安全なインプラント治療を行うために、必要に応じて主に次のような検査を行います。(患者様のお口の中の状態・全身状態によっては、その他の検査も必要になる場合があります)

  • パノラマレントゲン ※必須
  • 歯科用CT ※必須
  • 口腔内写真
  • 全身写真
  • 模型作成の印象(歯型)採取
  • セファロレントゲン

STEP3治療内容の
コンサルテ―ション

患者様の悩みや希望を踏まえて検査結果を分析・検討して治療計画を立案しご説明します。いくつかのプランの中から患者様のご要望に合った最適なプランを相談しながら作っていきます。

STEP4手術前治療
(必要な場合のみ)

インプラントを埋入する部位に歯が残っている場合には抜歯を行い、抜歯窩保存法(抜歯後の治療)を実施します。
骨量が不足している場合には、そのままではインプラント治療が行えません。この場合、骨を作る治療を行います(GBR・サイナスリフト等)。骨造成後、半年〜1年待ってからインプラントを埋入します。

STEP5インプラント手術
(1回法・2回法1次手術)

インプラントを顎の骨に埋める手術を行います。
手術が怖い方には、鎮静法による無痛治療をおすすめいたします。

STEP6定期チェック

骨に埋めたインプラントと骨が、細胞レベルでしっかり結合するまでの3ヶ月ほどの間、定期的にご通院いただきます。
インプラントと骨との結合状態を、1ヵ月に1回レントゲンで確認します。

STEP72次手術
(2回法のみ)

  • インプラントと骨との結合が確認出来たら、歯肉の中に埋めてあるインプラントの頭出し小手術を行います。

STEP8上部構造の製作・装着

上部構造(被せ物)を製作するための型取りを行います。
土台(アバットメント)と製作した上部構造を装着し、噛み合わせと歯の色(周りの歯とのバランス)を確認します。

STEP9メンテナンス

  • 残っている自分の歯を守り、インプラントを長持ちさせるため、定期的にメンテナンスを行います。

インプラントの治療期間

一般的な治療期間としては、上顎が約半年、下顎が約3ヵ月です。これは、インプラントが骨と結合するまでの期間の目安です。歯が入るまでの期間は、可能な限り仮歯や入れ歯を入れ、歯が抜けた状態で過ごすことがないようにしますのでご安心ください。(抜歯即時インプラントの場合には、治療当日に歯が入ります。)

しかし、インプラント治療にかかる期間は患者様によって異なり、骨を増やす治療が必要になる場合、虫歯・歯周病治療が必要になる場合には、その分治療期間が長くなります。